下図は セッティングの一例になりますが、仕掛けに餌が付いていることとします。ようするに 投入できる体勢です。 現場へ到着したら、この体勢で 投入の合図を待てるようにします。

忘れやすいのが 尻手です。 必ず リールまたはロッドから1本とロッドキーパーから1本の 2本を付けましょう。

また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いておくと都合が良いです。身の回りのスペースを上手く使ってください。 

 * タチは非常に歯の鋭い魚です。 しばしば 指を切ったり しますので バンソウコウ など ポケットに入れておくと 役に立つ時があります。





タチ釣りの餌には、秋刀魚の切り身 が一般的です。 その他 サバ・カツオのハラモ・シャケの皮・ボラの皮 などが使われます。 

餌の大きさは、 幅 1.0cm〜1.3cm くらい 長さ 7.0cm〜10.0cm くらいが適当ですが、 タチの大きさ や 喰い方で 幅や長さを 加減します。 

針数が少ないので ポイントに到着してから 餌をつけても十分間に合います。

餌の端に<チョンガケ>する時と <縫いざし> するときがあります。 喰い方で 変えます。





まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。船べり設定 ゼロ設定 も お忘れなく!

仕掛けの絡みが無いか 確認しておいてください。

テンビンをもって 船長の合図で投入します。





船長の<指示棚> 前後を探ります。 幅広く 遊泳している場合があります。 極端に言うと <べた底>から <水面>までが 狙える範囲 と言えるかも知れません。 (そういう場合もあるということです)

指示棚前後で クラッチを入れて 軽くしゃくり あたりを待ちます。 あたりが無ければ 1m、2m巻いて 再度しゃくります。この動作を アタリが出るまで、または 指示棚 より 上層まで 仕掛けがあがってしまうまで 繰り返します。 

 例  指示棚 が <50mから60m> だった場合
     仕掛けを 60m + 10m = 70mくらい まで落とします。
      シャクリ上げる 上限は 50m - 10m = 40mくらいまで となるわけです。

   あくまでも 一例で +10m -10m は一つの目安ですので その時の状況で 変えてください。

タチのアタリ方のパターンが 多い魚ですので、大きく3つに大別してみます。
 @ 明確に 「グングングン」   (比較的活性が高い)
 A 「コツン」と小さ く       (普通)
 B 「ジンワリ」竿がもたがる   (活性が無い)

次に 「アワセのタイミング」ですが、

@  比較的活性の高い 「グングングン」というような 明確なあたりなら、 そのまま ゆっくり竿を立てて 聞いてみてください。 「グーン」っと喰い込んで来るはずです。合わせを入れて、針に掛けてください。

A 「コツン」と小さめに当ったら、 その場で 数秒 タチの出方を見てください。 喰い込んでくるようならタイミングをみて合わせて下さい。 喰い込まないようなら その場で軽く シャクリ 誘いを入れてください。 2、3回 やってダメなら、餌だけ取られた可能性があります。 巻き上げて 餌のチェックを

B 「ジンワリ」竿がもたがる場合 これはちょっと厄介です。 活性が低い時の状態で、餌の端を咥えているだけの場合が多いです。 Aの動作を やってみるて喰ってこれば良いですが、場合によっては、竿先を下げたり、道糸を ハリス分出して 仕掛けを ふんわり なびかせて(フカス) みたりして 出方を見ます。 完全に針に乗ってくれば合わせますが突付いたり 引っ張ったりするだけでやめてしまう場合も多いです。

とにかく 魚が完全に乗っているようであれば 巻き上げに入ります。巻き上げスピードは 中速で ドラグは硬め でよいでしょう。

手返しを考えて 早巻きでも大丈夫ですが、その場合 ドラグは 中速巻きより 若干緩めにして、 突発的な負荷を逃がすと良いです。

タチウオは 見た目以上にトルクがありますから、 ドラグで力を逃がさないと 瞬間的に リールが過負荷になり、 ギヤを傷めたり 故障の原因になりかねません。

タチの活性が良い時は、追い喰も狙ってみましょう。  1尾掛かったら、その場で しばし待つか、 スローで 巻き上げてきます。2尾目が掛かると 一気に竿の曲がりが 変わりますので、 そうなったら 巻き上げに入ります。





タチの取り込みは 抜き上げです。 タも入れは よほど大きなタチが掛かったときのみです。

8号ハリスなら、傷さえなければ よっぽどまで大丈夫です。





一般的には タチは そのままクーラーへ入れてしまいます。

取り込んだら とりあえず 魚をはずして 餌を付け替え 仕掛けを投入します。

仕掛けが 落ちている間に タチをクーラーへいれようにすると 少しでも手返しが早くなります。

状況で もろもろの手順を変えたりすることで 手返しが早くなり より多くの釣果にも結びつきますので、その日の <要領><リズム> を 速くつかむことが大事になります。



一般的に タチの場合 特に〆るといったことはしませんが、お刺身で食べる場合は 〆たほうが 若干 いいような気がします。 サバのように 首を折る だけでも良いでしょう。
釣具調達はここでできます





mail
Copyright(c) 2009  タチ釣りのホームページ All rights reserved.