タチ釣りのホームページご訪問有難うございます。 このサイトでは、遠州灘・駿河湾の
タチウオ釣りを紹介しています。 道具・釣り方・食べ方など皆さんの参考になれば幸いです。

タチの生態
スズキ目 Perciformes
亜目 サバ亜目 Scombroidei
タチウオ科 Trichiuridae
タチ属 Doederleinia
lepturus
学名 Trichiurus lepturus
Linnaeus, 1758
英名 Largehead hairtail



全長 2m以上 重さ 5kg以上に なるとされていますが、 釣りでは 800gから1.5kgくらいが 一般的。俗に言う 指 3本から 5本といったところでしょうか。 中国では 70kg以上のものが捕獲されたり、日本でも 20kg以上もあるようなタチを クレーンで持ち上げている写真なども あるらしいですが、同じ種類のものなのか(?)

生息域は 全世界 熱帯から温帯まで幅広く分布しています。 産卵期も 初夏から秋にかけてと幅広く、一説によると水温に左右されているらしいのです。遠州灘 駿河湾では、初夏と秋の終わりくらいに抱卵しているものが良く釣れます。 少なくとも 年2回 は産卵しているような(?)

タチは 大変鋭い歯を持っており、主に小魚などを捕食している、いわゆるフィッシュイーターです。(共食いもする)最近では 海のルアー釣りのターゲットとして 人気をあつめています。

水深の変化にも大変に強く、 日中は 深いエリアにいて、夕方くらいから 水面まで移動・捕食し 朝方また深場へ戻る。何100mの深海から水面まで移動できるようです。 また その泳ぎも多彩で、静止・直進・バック・立ち泳ぎなどなど 優れた遊泳力もを持っています。 鋭い歯を持ち、水圧の変化に強く、泳ぎも多彩 ある意味 大変 優れた(最強)魚類といえるのかも知れません。

食べても美味しく、焼き物・煮物・刺身・すし・天ぷら など 多くの料理に使われます。 比較的 柔らかな身質 と 脂があり、スーパーなどでもよく見かけます。 また 全身が グアニン質層で 覆われています。 銀色で 強くさわると すぐ剥がれてしまうのがそれです。化粧品や文具などの原料の一つにもなっています。

 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  タチ釣りのホームページ All rights reserved.